自転車の保険

サイクリング

自転車保険は、自転車の乗っているさいの事故を補償してくれる保険です。自身のケガの補償はもちろん、相手にケガを負わせた場合の損害賠償に備えることができます。 自転車に関係する保険としては、傷害保険がその役割を担ってきましたが、補償内容が幅広く設定されており、保険料も高めというデメリットがありました。また傷害保険よりも割安なレジャー保険も、補償内容が広いもののあくまでもプライベート中の場合に限り仕事中は補償されません。 それらの欠点を改善して自転車専用に作られたのが自転車保険です。自転車保険では、自転車搭乗中であればプライベートや仕事中に関係なく補償を受けられますし、自転車搭乗中以外の交通事故も補償の対象となっています。また保険料もエコノミータイプであれば、年間4千円から6千円ほどと割安です。

自転車に乗る人であれば、誰でも交通事故に遭遇するリスクがあります。そのため、自転車保険は自転車に乗るのであれば、出来れば掛けておきたい保険のひとつです。 特に毎日、通勤や通学などで自転車を使う人や、プライベートで長距離を走る人などは、事故に遭遇するリスクも高いので、自転車保険またはその補償を補ってくれる傷害保険に入っておくのが無難です。 また自転車を利用する環境も重要なポイントです。例えば、狭い道路で入り組んだ道を走る場合や坂道の多い場所には、それだけ事故に遭遇するリスクも高まりますし、自転車に乗る時間帯が、朝夕のラッシュ時、夜間などを走行する場合にもリスクが高まります。 また子供が自転車に乗る場合にも、事故に遭遇したり相手にケガをさせてしまったことを考慮して自転車保険に入っておく必要があります。