親の入院

お母さんが入院

元気な時には全然関係のない保険見直しですが、一度病気になるといろいろと大変な事があるんですね、お袋が癌になって、手術をした時にお医者さんが、大変親切に対応してくださいました。80才を過ぎていたので、手術をするのも年齢的に限界があったようですが、お医者様は精魂込めてご対応してくださいました。大手術だったので時間もかかりましたがお金も相当な金額でした。お袋は病気になる半年前ぐらいに、人に勧められて保険見直しをしてがん保険に入っていたので、不幸中の幸い手術費用や入院費用、退院後の通院費用まで保険で支払うことができました。直前の保険見直しの内容が確りしていたので、本人も回りの者もとても助かりました、先進医療や通院保障などはかならず必要なものだと思いました、社会の進歩とともに保険見直しは必要なものの様です

保険見直しがなぜ必要なのか、それは医療が日々進化しているので古い保険内容では対応しきれない事柄がでてきてしまうからです。だから保険見直しがとても重要なのです、普通の医療保険に入っていても、がん保険に入っていない人は大勢いるのではないでしょうか、お袋の入院をきっかけに、自分がどのような保険に入っていたか心配になりもう一度内容を確認した時に、当時の印象と現在受ける価値観が相当違うことに驚きました。現在の社会、変わり続けるので保険見直しはとても重要な事柄と思います。特に退院後の通院にお金がかかることは健康な時にはあまり気が付きませんでしたが癌などの病気になった場合最近では手術後の入院はほんの数日でその後は通院による治療が続くので、この部分のサポートがしっかりした保険を選ぶ事が必要だと思います。